「世界一の庭師が創った千里の庭とは」イベントレポート

scroll

「世界一の庭師が創った千里の庭とは」イベントレポート

6月23日(土)に石原和幸氏をお招きして
トークイベント「世界一の庭師が創った千里の庭とは」を開催しました。

会場は当マンションのガーデンラウンジ。第1回は13:00から、第2回は15:00から、
第3回は17:00から、また19:30からホタル放虫特別セレモニー・20:00からホタル放虫を行いました。
各回とも多数のお申込みをいただき、大盛況で終えることが出来ました。
ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

石原氏は2018年5月22日~5月26日まで英国ロンドンのチェルシーで開催のチェルシーフラワーショー(※)においてアーティザンガーデン部門金メダルとベストガーデン賞をW(ダブル)受賞されました。トークイベントでは当マンションの庭「千里千庭」をコンセプトにしたチェルシーフラワーショー2016にてゴールドメダルとプレジデントアワードを受賞されたエピソードを中心に「千里千庭」を作庭された思いをお話頂きました。その後、実際にお庭を歩きながら植栽や池など細かく説明をして頂きました。

当日の石原氏のお話を一部抜粋
「出身地である長崎の幼少期に見た段々畑の風景が今でも一番美しい風景だと思っています。小川にはメダカやナマズが泳いでいてホタルも当たり前のように見ることが出来ました。その風景が千里千庭の作庭の根幹となっています。そしてガーデンラウンジから見る津雲ノ庭が一番美しいと私は思います。みなさんも自分だけの美しい景色の見えるポイントを探して下さい。また、ゲートからエントランスへの道は、あえて曲線にしました。曲線にすることで、池の水の音が段々聞こえてきたり、綺麗な花にがふと目が留まったりと心にゆとりを持ってこの庭を通ってほしいと思っています。植栽は約200種類ありますので、365日、朝・昼・晩と違った表情が楽しめますよ。今年は蛍の成虫を放虫しますが、来年以降は幼虫を放して育てて行きますので、蛍の光を毎年楽しみにしてくださいね。」

もう一度ガーデンラウンジに戻り、今度は石原氏による寄せ植え製作とプレゼントイベントを開催。さすがエリザベス女王に「緑の魔術師」と言わせしめた世界一の庭師。
製作開始から数分でとても素敵な寄せ植えが完成!プレゼントイベントでは、石原氏にジャンケンで勝った数名の方に、目の前で実際に製作された寄せ植えやアレンジメントをプレゼント!

そして日も落ち、いよいよホタルの放虫開催!

皆様ほんとうに楽しみにして頂いたのか、池の周りは身動きが取れないほどの
多数の方にご参加いただきました。ホタルは200匹を放虫し、
ホタルの餌となるカワニナも池に放流しました。
放虫後は皆様ホタルの光にうっとり。強すぎず優しい本当にキレイな光でした。

※英国王立園芸協会主催ロンドン・チェルシーで毎年5月に開催され、100年以上の歴史を誇る世界で最も歴史と権威のあるガーデニング&フラワーショーです。世界の園芸のトレンドを左右するとも言われるショーは、著名な園芸家たちが競って最先端のデザインを出展し、毎年15万人以上もの観客が訪れる世界的な祭典です。

PAGE TOP