外観完成予想イメージCG

ランドスケープ

建築デザイン

千里ニュータウンの駅前の価値を継承する、
大地と樹木の象徴をデザイン。
千里ニュータウンの駅前の価値を継承する、大地と樹木の象徴をデザイン。

千里丘陵の大地と樹木の力強さ。
基壇部には根を降ろした重厚感を演出し、
上層部へと伸びるマリオンは生長のイメージ。
新たなる千里の中心に相応しいフラッグシップが構えます。
千里丘陵の大地と樹木の力強さ。
基壇部には根を降ろした重厚感を演出し、
上層部へと伸びるマリオンは生長のイメージ。
新たなる千里の中心に相応しいフラッグシップが構えます。

外観完成予想図

根を降ろした大地のように。基壇部の邸宅感・重厚感・上質感 根を降ろした大地のように。基壇部の邸宅感・重厚感・上質感

『ファインシティ千里津雲台』の外観デザインは、基壇部と上層部に分割された2トーンの趣。アプローチ周りの外壁には黒御影石を採用し、どっしりとした地盤を創出します。さらに、大きなカーテンウォールを用いることで、重さだけでなく軽快さを与え、基壇部のデザインにメリハリを持たせました。また、3層目の手摺を鉄筋コンクリートによるアクセント意匠とし、水平ラインを強調。ダブルマリオン、グレーカラーの格調によって、基壇部全体の邸宅感・重厚感・上質感を創り出しています。

外観完成予想図

樹木の力強さをイメージ。 タイルとガラスが描く高級感。 樹木の力強さをイメージ。
タイルとガラスが描く高級感。

外観の上層部に向かうデザインは、建物壁面にアースカラー(ベージュ系)タイルを貼り合わせることで、堂々とした安定感と優雅さを創出。さらに、明度の違うタイルをゼブラ柄に配して、建物全体を表情豊かに演出しました。また、バルコニー手摺面にはブラックガラスを採用。ベージュ系タイルとのメリハリを生み出し、建物の存在感を大きくしています。コーナーサッシュを用いてデザインした南東側の妻住戸の表情とあいまって、樹木の力強さを表現。より高級感を醸し出しています。

外壁タイル・バルコニー手摺ブラックガラス

誇り立つ駅前の新領域。レジデンスゲート。 誇り立つ駅前の新領域。レジデンスゲート。

雄大なケヤキ並木が印象的な山田駅前の景観に映えるように。街の緑とアプローチの庭をつなぐ結界としての役割を
もたらすのが「レジデンスゲート」です。壮麗な美しさで構えるキャノピーの存在感、自然石のしつらえでデザインされた重厚な趣。
その第一印象は、千里の自然景観と調和され、駅前全体の価値向上に貢献することでしょう。

レジデンスゲート完成予想図

自然と邸宅が織りなす空気感。グランドエントランス。 自然と邸宅が織りなす空気感。グランドエントランス。

連続するウォール、細かな雲がたなびくような石貼りの舗装パターン。そして、見え隠れする緑や、
段状に積層する壁泉と階段等により、様々な素材が九十九のように折り重なる庭園の
アプローチを抜けると現れるのが「グランドエントランス」。春夏秋冬の移ろいと美しさが際立つ、駅前庭園邸宅ならではの顔です。

グランドエントランス完成予想図

思わず息を呑む光景。エントランスホール。 思わず息を呑む光景。エントランスホール。

グランドエントランスから建物内へ入ると、敷地外側からの景観を採り込んだ「エントランスホール」が広がります。
壁面の荒々しさが特徴的なコブ出しの御影石、天井ルーバー等により、動線にリズム感を創出。
その先に広がる道程を想起させ、軽快さも演出しています。

エントランスホール完成予想図

ランドスケープ

建築デザイン

※掲載するすべての完成予想図・イメージCG等は、設計図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合がございます。また、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の外観・外構・植栽・仕様・色彩等に変更が生じる場合がございます。
※植栽は計画段階のものであり、変更になる場合があります。また、特定の季節、時期、またはご入居時を想定して描かれたものではありません。葉や花の色合い、枝ぶりや樹形は想定であり、竣工時は完成予想図程度には成長していない場合があります。予めご了承ください。

PAGE TOP